■ (20092月現在)



原著論文 査読あり論文





1.         Shoichi Kiyokawa, Kazumi Yokoyama, Provenance of turbidite sands from IODP EXP 1301 in the northwestern Cascadia Basin, western North America. Marin geology, 260, 19-29. DOI information: 10.1016/j.margeo.2009.01.003


2.         Yamaguchi K. , S. Kiyokawa T. Ito, M. Ikehara, F. Kitajima and Y. Suganuma, Clues of Early life: Dixon Island Cleaverville Drilling Project (DXCL-dp) in the Pilbara Craton of Western Australia , Scientific Drilling, No. 7, 34-37, March 2009.


3.          Tomomi Ninomiya and Shoichi Kiyokawa, Periodic Measurement of Seawater During a Tidal Cycle in Nagahama Bay, Satsuma Iwo-jima Island, Kagoshima, Japan, Mem. Fac. Sci., Kyushu Univ., Ser. D, Earth Planet. Sci., Vol. XXXIII, No. 1, 1-14. (2009).


4.         藤内智士,大岩根尚,清川昌一2008. 鹿児島県甑島列島北部地域の地質構造と古応力解析,地質学雑誌,第114巻 第11号 547-559


5.         Kazuhisa Goto , , Ryuji Tada Eiichi Tajika, Manuel A. Iturralde-Vinent, Takafumi Matsui, Shinji Yamamoto, Yoichiro Nakano, Tatsuo Oji, Shoichi Kiyokawa, Dora E. García Delgado, Consuelo Díaz Otero and Reinaldo Rojas Consuegra , 2008,  Lateral lithological and compositional variations of the Cretaceous/Tertiary deep-sea tsunami deposits in northwestern Cuba, CRETACEOUS RESEARCH   Volume: 29   Issue: 2   Pages: 217-236


6.          藤内智士,板谷轍丸,大岩根尚,清川昌一2007. 甑島列島北部地域における層序と構造発達史,堆積学研究 no. 64, 149-153


7.          大岩根尚,藤内智士,清川昌一,徳山英一,2007, 北部沖縄トラフと甑島列島北部の構造発達史,堆積学研究 no.64, 137-141.


8.         安永 雅,清川昌一,植村和彦,2007, 長崎県五島列島中部(若松島の新第三系五島層群岩相層序と植物化石の産出について, 堆積学研究 no.64155-161


9.          清川昌一 ベリース国に分布する白亜紀・第三紀境界周辺層,アルビオン層:チチュルブクレータに近接したイジェクタとその堆積層, 2006年, 地質学雑誌 第112巻 第12号 730748(2008年度地質学会論文賞)


10.       Kiyokawa S. T. Ito, M. Ikehara and F. Kitajima. Middle Archean volcano-hydrothermal sequence: bacterial microfossil- bearing 3.2-Ga Dixon Island Formation, coastal Pilbara terrane, Australia. GSA Bulltin, Jan/Feb 2006, 3-22. (表紙写真付き)


11.       R. Tada., M. A. Iturralde-Vinent., T. Matsui., E. Tajika., T. Oji., K. Goto., Y. Nakano., H. Takayama., S. Yamamoto., S. Kiyokawa., K. Toyoda., D. Garcia-Delgado., C. Diaz-Otero., R. Rojas-Consuegra., 2004a, K/T boundary deposit in the proto-Caribbean basin. American association of petroleum Geologists Memoir, Vol. 79, 582-604


12.       Kiyokawa S., A. Taira , T. Byrne, S. Bowring and Y. Sano. Structural evolution of the middle Archean coastal Pilbara terrane, Western Australia, 2002. Tectonics. vol.21, No. 5, p. 1-24,


13.       Kiyokawa S., R. Tada, M. Ituralde-Vinent, T. Matsui, E. Tajika, S. Yamamoto, T. Oji, Y. Nakano et al., 2002.  KT boundary sequence in the Cacarajicara Formation, Western Cuba: An impact-related, high-energy, gravity-flow deposit. Geol. Soc. America Spec. Pap. 356, 125-144.


14.       後藤和久 田近英一 多田隆治 松井孝典 高山英男 M. A. Iturrade-Vinent 中野陽一郎 山本信治 清川昌一 大路樹生,  2002c, 津波によって形成される深海底堆積物の構造とその水深による変化:キューバの白亜紀/第三紀境界深海性津波堆積物を例として 海岸工学論文集(日本土木学会(海岸工学委員会)), 49巻 286-290.


15.       Tada R., Y. Nakano, M. A. Iturralde-Vinent,, S. Yamamoto, T. Kamata, E. Tajika, K. Toyoda, S. Kiyokawa, D. Garcia Delgado, T. Oji, K. Goto, H. Takayama,R. Rojas, T. Matsui, 2002. Complex tsunami waves suggested by the Cretaceous-Tertiary boundary deposit at the Moncada section, western Cuba. Geol. Soc. America Spec. Pap. 356, 114-124.


16.       Takayama H, Tada R., Matsui T., Iturralde-Vinent M.A., Oji T., Tajika E., Kiyokawa S., Garcia D., Okada H., Hasegawa T., Toyoda K., 2000. Origin of the Peñalver Formation in northwestern Cuba and its relation to K/T boundary impact event Sedimentary. Sedimentary Geology, 135, 1-4, 295-320.


17.       Taira A., S. Saito, K. Aoike, S. Morita, H.Tokuyama, K. Suyehiro, N. Takahashi, M. Shinohara, S. Kiyokawa, J. Naka and A. Klaus, 1998, Nature and Growth Rate of the Northern Izu-Ogasawara Arc Crust and their Implications to Continental Crust Formation. The Island Arc (7) 395-407.


18.      Kiyokawa S. and A. Taira, 1998, The Cleaverville Group in the West Pilbara Coastal Granitoid -Greenstone Terrain of Western Australia an example of a Mid-Archaean immature oceanic island-arc succession. Precambrian Research 88, 109-142.


19.       A. Taira, S. Kiyokawa, K. Aoike and S. Saito 1997, Accretion tectonics of the Japanese islands and evolution of continental crust. Sciences de la terre et des planes, 325, 467-478.


20.       Kiyokawa S., 1992, Geology of the Idonnappu Belt, central Hokkaio, Japan - Evolution of a Cretaceous accretionary complex. Tectonics, vol.11, No. 6, p. 1180-1206.





原著論文 査読なし論文 


 


1.    清川昌一・稲本雄介・伊藤 孝・池原 実・北島富美雄, 太古代海底熱水系の地質1:南アフリカ・バーバートン帯中の33億年前マサウリ亜層の岩相と全有機炭素量および炭素同位体比, 2008. 茨城大学教育学部紀要(自然科学), 57号, 7-15.


2.    高下将一郎・清川昌一・伊藤 孝・池原 実, 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質9:デキソンアイランドDX-A・D・E・F地域の地質, 2008. 茨城大学教育学部紀要(自然科学), 57号, 17-25.


1.         高下将一郎,清川昌一,伊藤孝,池原実,北島富美雄,2007. 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質8 :黒色チャート部層の全有機炭素量と炭素同位体比の岩相・側方変化, 茨城大学教育学部紀要(自然科学), 56, 1-6.


2.         清川昌一・片上亜美・池原実・伊藤孝・北島富美雄,2006 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質—7—DX B e-4, e-5の岩相と有機炭素量および有機物炭素同位体比—茨城大学教育学部紀要(自然科学), 55, 29-39


3.         池原実、片上亜美、伊藤孝、清川昌一、北島富美雄、2005 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質―6―有機炭素量および有機物炭素同位体比茨城大学教育学部紀要(自然科学)54, 59-66


4.         北島富美雄・桜木智明・清川昌一・伊藤孝・池原実, 2005 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質―5―黒色チャート中に含まれる炭素物質茨城大学教育学部紀要(自然科学), 54, 53-57


5.         石田千佳・清川昌一・伊藤孝, 2004, 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質―4―デキソンアイランドDX B地域の熱水脈の記載― 茨城大学教育学部紀要(自然科学), 53, 87-102.


6.         清川昌一, 伊藤 孝, 前橋千里. 2003. 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質— 3— 太古代の海底熱水活動の痕跡を残す地層茨城大学教育学部紀要(自然科学),52, 59-76.


7.         清川昌一, 伊藤 孝, 前橋千里, 池原 実. 2002. 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質— 1— 太古代の海底熱水活動の痕跡を残す地層茨城大学教育学部紀要(自然科学),31, 1-19.


8.         伊藤 孝・ 清川昌一・前橋千里・池原 実. 2002. 西オーストラリア・ピルバラ・デキソンアイランド層の地質−2−岩石試料の記載. 茨城大学教育学部紀要(自然科学),31, 21-39.


9.         前橋千里・清川昌一・池原 実・伊藤 孝. 2001. 32億年前の微生物化石を含む海底堆積物の産状西オーストラリア・デキソンアイランド層の例 堆積学研究, 53, 83-85.


10.      後藤和久 田近英一 多田隆治 高山英男 大路樹生 清川昌一 中野陽一郎 Manuel A. Iturralde-Vinent 松井孝典 2001. キューバ北西部ペニャルベル層に見られるK/T境界津波堆積層の形成機構. 津波工学研究報告. 18. 45-52.


11.      清川昌一, 2000, マウントブルース超層群ー西オーストラリア、ピルバラクラトン上に残る太古代・原生代境界の地球変動の記録ー 地質ニュース 553号 p.3-18.


12.      清川昌一,  2000, 35億年前の層状チャート-マーブルバー、ピルバラクラトン、西オーストラリアー, 日本地質学会News vol. 3, No.6 June p.2-3.


13.      清川昌一, 2000, 太古代の世界-ピルバラクラトンからのメッセージ、地学雑誌、vol. 109, No. 1 (968) 130-139.


14.      清川昌一・平 朝彦, 1998, 大陸の成長と進化−32億年前ピルバラ海岸帯を例にして−月刊地球、「大陸の形成」号外 No.23, 14-24.


15.      K. Yokoyama, S. Kiyokawa, H. Sakai and Y. Saito, 1998, Petrological study of Jurassic and Cretaceous sandstones in the western end of the Chugoku Province, Southwest Japan.  Bulletin of the National Science Museum (31) 41-52.


16.      平朝彦・清川昌一,  1998, 未成熟島弧から大陸へ, 科学, 1月号 . 50-62.


17.      平朝彦・徳山英一・末廣潔・高橋成美・清川昌一・森田澄人・斎藤実篤・青池寛,  1997, 大陸地殻はどのようにして出来たか?. 月刊地球、16、特集号「新しい地球科学の構築」


18.      清川昌一, 1989 北海道中軸帯の断面 -特にイドンナップ帯について-. 月刊地球, 6, 316-322.


19.      Taira A., J. Ashi, S. Kuramoto, S. Kiyokawa, W. Soh, K. Fujioka, H. Tokuyama, K. Suyehiro, 1988, Crustal Structure of Sediment -Accretionary vs Volcanogenic Island Arc--Comparison of the Southwest Japan Arc and the Izu-Ogasawara Arc. Proceedings of the First international Conference on Asian Marine Geology, 157-166.


20.      徳山英一・山本富士夫・芦寿一郎・植木俊明・清川昌一・月岡哲・徐垣・平朝彦, 1992, IZANAGI海底画像ソナーシステムの原理とその実例. 写真測量とリモートセンシング, Vol. 29, No. 2, 76-83.


21.      島崎邦彦・中田高・千田昇・宮武隆・岡村真・白神宏・前杢英明・松木宏彰・辻井学・清川昌一・平田和彦, 1986, 海底活断層のボーリング調査による地震発生時長期予測の研究 -別府湾海底断層を事例として. 活断層研究、2、83-88




1 共著(平 朝彦・清川昌一) 1998 岩波講座「地球惑星科学」 - 13


地球進化論 第3章 造山帯と大陸の成長、第7章 テクトニクスと地球環境の変遷 岩波書店


 


その他


 


1.          Kiyokawa, S. (2006): The Chicxulub impact origin ejecta sedimentary sequence: Albion Formation in Belize. 地質学雑誌口絵 Vol. 112, No. 12 XXIII-XXIV.


2.          Kiyokawa, S. and Taira, A. (1991): Geology of the Rudall area, northwest Australia. --Collision zone in late Proterozoic? --. 動力炉・核燃料開発事業団 委託研究成果報告書, 51pp.


3.          清川昌一・平朝彦 (1992): 西オーストラリア, Pilbara地方Cleaverville地域の地質 -太古代(約3300-3100Ma) Greenstone Beltについて-. 動力炉・核燃料開発事業団, 委託研究成果報告書, 86pp.


4.          清川昌一・徳山英一訳 (1995): I. ディエール著, パンゲア大陸以前の大陸移動. 日経サイエンス, 25, 3, 84-91.


5.         Kiyokawa, S. (1999): Deformations in the coastal Pilbara Greenstone-Granitoides Terrane, Western Australia. 地質学雑誌口絵, 1月号, i-ii.


6.         Kiyokawa, S., The Dixon Island Formation of the Western Pilbara Coastal Greenstone Terrane-Hydrothermal evidence of the 3.2 Ga bimodal volcanism, Western Australia, (1998): 地質学雑誌口絵, 5月号, i-ii.



 


 受賞


 (2008年度地質学会論文賞)    清川昌一 ベリース国に分布する白亜紀・第三紀境界周辺層,アルビオン層:チチュルブクレータに近接したイジェクタとその堆積層, 2006年, 地質学雑誌 第112巻 第12号 730748.